キッチンリフォームの費用の相場とおすすめの業者の選び方とは?

 

キッチンリフォーム,費用

 

今からキッチンリフォームの費用の相場とおすすめの業者の選び方をご紹介します。

 

 

 

10〜50万円でできるキッチンリフォーム例

 

キッチンリフォーム,費用

 

10〜50万円でできるキッチンリフォームは下記のとおりです。

 

工事内容

費用

シンク・天板の交換 100,000〜150,000円
ガラストップのガスコンロに交換 100,000〜130,000円

ガスコンロからガスコンロへ交換
IHコンロからIHコンロへ交換

75,000〜190,000円

ガスコンロからIHコンロへ交換
IHコンロからガスコンロへ交換

200,000〜250,000円
ガスコンロ・ビルトインオーブンの取り替え 170,000〜200,000円
換気扇フードの交換・取り替え 56,000〜120,000円
吊り戸棚の設置 50,000〜200,000円
吊り戸棚の撤去 15,000〜100,000円
カップボードの取り付け 80,000〜100,000円
ビルトイン食洗器の設置 70,000〜130,000円
間口1880mmのシステムキッチンの交換 450,000〜500,000円

 

 

 

51〜150万円でできるキッチンリフォーム例

 

キッチンリフォーム,費用,パナソニック,リビングステーションVスタイル

(画像引用:パナソニック)

 

51〜150万円でできるキッチンリフォームは下記のとおりです。

 

工事内容

費用

大型システムキッチンの交換・内装の補修

900,000〜1,100,000円

 

 

欧風の部屋にリノベーション

 

工事内容

内訳

費用

Panasonic(リビングステーションVスタイル)

550,000円

仮設工事 内部養生

10,000円

解体工事 既存キッチンの解体・廃棄

45,000円

設備工事 給排水工事

40,000円

組立工事 キッチンの搬入・取付

5,000円

ガス工事 ガスコンロの接続・ガス管の移動

15,000円

電気工事 電気結線・換気扇ダクトの接続

10,000円

合計

675,000円

 

 

 

 

151〜400万円でできるキッチンリフォーム例

 

キッチンリフォーム,費用,クリナップ,クリンレディ

(画像引用:クリナップ)

 

151〜400万円でできるキッチンリフォームは下記のとおりです。

 

工事内容

費用

キッチンを1階から2階に移動

3,000,000〜3,500,000円

 

 

I型キッチンの取り付けリフォーム

 

工事内容

内訳

費用

クリナップ クリンレディI型(収納カップボード付き)

1,238,000円

仮設工事 躯体時止水処理

5,000円

廃材の搬出

1,000円

清掃

8,000円

産業廃棄物の処理

17,000円

解体工事 一式

48,000円

流し台の組立・設置

75,000円

設置工事 キッチンパネル張り

33,000円

シール処理

32,000円

電気・換気扇の接続

32,000円

合計

1,521,000円

 

 

インテリアとしてのキッチン

 

キッチンリフォーム,費用,パナソニック,Lクラス

(画像引用:パナソニック)

 

工事内容

内訳

費用

Panasonic LクラスI型(IHクッキングヒーター・食洗器付き)

1,660,000円

仮設工事 内部養生

8,000円

解体工事 既存キッチンの解体・廃棄・解体材の搬出・処分

50,000円

設備工事 給排水工事

72,000円

組立工事 キッチンの搬入

110,000円

電気工事 電気結線

40,000円

換気扇ダクトの接続

20,000円

合計

1,940,000円

 

 

家族・来客時にくつろげるLDK

 

工事内容

内訳

費用

Panasonic Lクラス アイランドフロート型(グースネック水栓・食洗器・スクエアセンターフード付き)

1,900,000円

仮設工事 養生工事

10,000円

解体工事 既存キッチンの解体・廃棄

26,000円

設備工事 給排水工事

8,000円

床開口および補修

800円

組立工事 キッチンの搬入・取付

140,000円

ガス工事 ガスコンロの説僕・ガス管の移動

13,000円

合計

2,097,800円

 

 

 

メーカーのシステムキッチンの費用

 

メーカー

スタンダード

ミドルクラス

ハイグレード

パナソニック

ラクシーナ

600,000円

リフォムス

800,000円

LClass

1,000,000円

リクシル

シエラ

700,000円

アレスタ

900,000円

リシェル

1,500,000円

TOTO

600,000円

ザ・クラッソ

1,200,000円

ミッテ

1,700,000円

クリナップ

ラクエラ

500,000円

クリンレディ

600,000円

S.S.

1,000,000円

イケア

400,000円

700,000円

1,000,000円

ニトリ

BSプラン

160,000〜200,000円

M2プラン

300,000円

SHプラン

400,000円

 

※上記の相場は定価です。購入時は2〜3割引きが相場の値引率になります。値引率はリフォーム会社によって異なるため、複数のリフォーム会社から見積もりをとって商品の値引き率を比較してみるとよいですね。

 

 

 

リフォームの種類と費用の目安

 

キッチンリフォーム,費用,目安

 

工事の種類

費用の目安

I型システムキッチンに交換する

750,000〜1,050,000円

L型システムキッチンに交換する

850,000〜1,050,000円

ペニンシュラ型システムキッチンに交換する

950,000〜1,100,000円

アイランド型システムキッチンに交換する

1,100,000〜2,050,000円

 

上記の費用はあくまで相場です。実際にはキッチンのグレードによって大幅にかわります。

 

 

 

I型システムキッチンの特徴・メリット・デメリット

 

キッチンリフォーム,費用,I型

 

メリット

デメリット

・横への移動のみで料理ができる
・場所をとらない
・車いすでもさぎょうしやすい
・ほかのタイプと比べて安い
・色、デザイン、素材が豊富

・セミオープンの場合、オープンタイプと比べて開放感がない
・横に長くすると動線が長くなる
・壁付けI型キッチンにするとLDから丸見え(配置による)
・壁付けI型なら壁を向いて作業することになる

 


I型キッチンは、壁付けでシンクと加熱調理機器、調理スペースが一直線に配置されることが多いです。

 

手のとどきやすい価格で設置できるのが魅力です。

 

I型キッチンは、調理時に横一線に移動するのでコンパクトな場所に向いています。

 

コンパクトに設置できるため、調理スペースが狭くなりやすい側面もあります。

 

ただ、一人で作業するには十分の広さです。
複数人でキッチンに立つ機会がないかぎり、使い勝手のよいキッチンですね。

 

目の前に壁があるため圧迫感はありますが、油はねやにおいが広がる心配も不要です。

 

>I型キッチンの詳しいメリット・デメリットはこちら

 

 

 

L型システムキッチンの特徴・メリット・デメリット

 

キッチンリフォーム,費用,L型

 

メリット

デメリット

・シンクとコンロの距離が近くて移動が少ない
・移動が少ないので料理の時間を短縮できる
・作業スペースを広く存分に確保できる
・収納スペースも十分に確保できる
・複数人での作業にも広さにゆとりがある

・広いスペースが必要
・角がデッドスペースになりやすい
・冷蔵庫や食器棚のスペースが確保しにくい
・I型キッチンと比べて費用が高い

 


L型キッチンは、L字に配置されています。

 

シンクと加熱調理機器がL字の両側に振り分けたものが主流です。

 

調理スペースの広さと動線のよさ。加熱調理機器とシンク以外は調理スペースとなり、調理に集中できます。

 

L型キッチンは、対面式で家族の様子をみながら調理するより、広いスペースを活用して皆でたのしく調理したい方におすすめですね。

 

十分な広さがあり、加熱調理機器⇔冷蔵庫⇔シンクの動線が短いので少ない移動で料理ができます。

 

設置には広いスペースが必要です。

 

独立型キッチンとダイニング、リビングを1つのLDKにするリフォームなら空間に余裕ができ、取り入れやすいでしょう。

 

>L型キッチンの詳しいメリット・デメリットはこちら

 

 

 

ペニンシュラ型システムキッチンの特徴・メリット・デメリット

 

キッチンリフォーム,費用,ペニンシュラ型

 

メリット

デメリット

・コミュニケーションがとりやすい
・横の壁でアイランドキッチンよりも油汚れに強い
・アイランドキッチンより間取りの成約が少ない
・換気扇を選びやすい

・収納スペースが不足しやすい
・リビングに臭いや煙が広がりやすい
・調理スペースが丸見えになる

 


ペニンシュラ型キッチンは、キッチンの短い一辺を壁につけ、半島(ペニンシュラ)のように突き出した対面式に設置されています。

 

同じ対面式のアイランドキッチンはカウンターの両側に通路があるのに対し、片側のみ通路を確保できればいいため間取りの制約を受けにくいです。

 

壁に接する部分に加熱調理機器を設置するので、その前に仕切りを設置して、油はねやにおいの広がりを抑えられます。

 

調理スペースはI型よりも奥行きがあり、対面式で開放感もあります。

 

ダイニング側にカウンターを設け、キッチン付近で家族と会話を楽しめるのも魅力です。

 

>ペニンシュラ型キッチンの詳しいメリット・デメリットはこちら

 

 

 

アイランド型システムキッチンの特徴・メリット・デメリット

 

キッチンリフォーム,費用,アイランド型

 

メリット

デメリット

・広い空間を使えて開放的
・家族とコミュニケーションがとりやすい
・食事の準備、片づけがしやすい
・オシャレなキッチンが多い

・キッチンのオープンスペースに荷物が増えがち
・部屋にニオイや調理中の湯気が充満しやすい
・水や油はねの汚れがでやすい
・価格が高い

 


アイランドキッチンは、壁付けせず、島(アイランド)のように独立させた配置です。

 

仕切りや壁など視線をさえぎるものが少ないため開放感があります。

 

リビング・ダイニングとの境界を感じずに会話を楽しめますね。

 

広い調理スペースは四方から使えるので、複数人で料理することが多い方におすすめです。

 

キッチンのまわりを移動できるため、料理を運んだり食糧を冷蔵庫に入れるときも簡単です。

 

ただ、アイランドキッチンの費用はほかのキッチンと比べて高いです。

 

流し台が丸見えなので、こまめな掃除と整理整頓が必要です。

 

>アイランド型キッチンの詳しいメリット・デメリットはこちら

 

 

 

キッチンリフォームの費用で大損しない業者の選び方

 

キッチンリフォーム,費用 無料のリフォーム一括見積もりサイトを利用する

 

キッチンリフォーム,費用 最低3社から同じ条件で見積もりとカタログをもらう

 

キッチンリフォーム,費用 費用・品質ともにコスパのよい会社を選ぶ

 

キッチンリフォームの費用で大損をさけるには、1社からの見積もりはおすすめできません。

 

費用が高いのか、安いのか、判別がしにくいからです。

 

最低3社から見積もりをとると相場観がつかめます。
大損するリスクを避けてリフォームすることができるわけです。

 

複数社から見積もりをとるときは、リフォームの一括見積もりサイトが強い味方になります。

 

たった1〜3分ほどの入力で複数社からカタログや見積もりをとることができます。

 

自宅にいながら比較ができるので、共働きや家事・育児に忙しい方、外出する時間のない方にもってこいのサービスです。

 

一度の入力で複数社へ要望を伝えることができるため、各社に毎回、イチから要望を伝える手間もかかりません。

 

同じ条件で各社から見積もりをとり、最安値を提示してくれた会社に頼めば費用をやすくおさえてキッチンリフォームができます。

 

ただ、500万円未満のリフォームは誰でも合法的に工事ができてしまいます。

 

実績や技能のない個人でも合法的に工事ができてしまうわけです。

 

安さを追い求めるあまり、欠陥工事をされる危険性もあります。
補償を請求しようとしたらリフォーム会社に逃げられたという方も少なくありません。

 

そんな被害に遭わないためには、国家資格をもったリフォーム会社に依頼することが大切です。

 

タウンライフリフォームには、厳正な審査をクリアした国家資格をもつ会社のみが登録しています。

 

実績や技能のない業者に頼むことがないので安心です。