人気記事ランキングトップ3!

I型キッチンのメリット・デメリット

キッチンリフォーム,費用,I型

 

I型キッチンは、コンロ、調理スペース、シンクが一列になったキッチンです。

 

使いやすさと省スペースで済むため最も人気があります。

 

U型、L型、U型、ペニンシュラ型、アイランド型と比較する場合は下記のページを見てみてください。

 

 

今からI形キッチンのメリット・デメリットを紹介していきます。

 

 

 

I型キッチンのメリット・デメリット

 

I型キッチンのメリット

 

  • 横への移動のみで料理ができる
  • 場所をとらない
  • 車いすでも作業しやすい
  • ほかのタイプと比べて安い
  • 色、デザイン、素材が豊富

 

スペースが少なくても置けるキッチンなので、
都会の省スペース住宅や、
少人数住宅に多く採用されています。

 

シンクとコンロの間のスペースを「270cm位」に広げると作業効率を高められます。

 

 

I型キッチンのデメリット

 

  • セミオープンの場合、オープンタイプと比べて開放感がない
  • 横に長くすると動線が長くなる
  • 壁付けI型キッチンにするとLDから丸見え(配置による)
  • 壁付けI型なら壁を向いて作業することになる

 

I型キッチンは壁付けとすることも多いです。
その場合、リビングやダイニングからキッチン内部が丸見えになります。

 

視線をさえぎるためにLDとの間に壁を設置すると、独立キッチンのようになるため、省スペースというI型キッチンのメリットを失います。

 

セミオープンのI型キッチンとすることも多いですが、省スペースにはならなくなります。

 

 

 

I型キッチンを設置するときの注意点

 

シンクとコンロの間のスペースを中途半端に広げると、かえって空間が無駄になります。

 

「食べ物を出す」→「洗う」→「切る」→「調理する」→「盛り付ける」→「食卓に出す」流れが効率的にできるか、しっかり確かめるとよいですね。

 

効率よい動線をつくるには、冷蔵庫や電子レンジ、食器棚の置き場所を考えておきましょう。