人気記事ランキングトップ3!

U型キッチンのメリット・デメリット

 

U型キッチンは、シンクとコンロが別々のキッチン台に取り付けられたタイプです。

 

セパレート型キッチンとは呼ばれます。

 

I型、L型、U型、ペニンシュラ型、アイランド型と比較する場合は下記のページを見てみてください。

 

 

今からU型キッチンのメリット・デメリットをご紹介します。

 

 

 

U型キッチンのメリット・デメリット

 

U型キッチンのメリット

 

  • キッチンカウンターの下に広い収納スペースを確保できる
  • コンパクトで使いやすい
  • 省スペース化ができる
  • 調理スペースを広い
  • 夫婦や友達と一緒に料理をしても混雑しない

 

II型キッチンのコンパクトさは、シンク、コンロ、冷蔵庫のワークトライアングルの距離が短くて便利です。

 

スペースにゆとりがある場合、調理スペースを広くとれます。

 

コンロとシンクの片方が壁側となるため、独立と対面の2つの側面をもちます(一般的にはコンロを壁付けにします)。

 

調理の煙や臭いが伝わりにくく、コミュニケーションもとりやすいです。

 

 

U型キッチンのデメリット

 

  • I型と比べて広いスペースが必要
  • コンロとシンク間で濡れた野菜を移動するときに水が床に垂れる
  • シンクとコンロ間で体を反転させる手間がかかる

 

ワークトライアングルの距離は短いものの、料理中に何度もからだの向きを反転させることを面倒だと感じる場合はおすすめしません。

 

シンクとコンロの間に、調理中のものや濡れたものを移動させる場面が生じます。

 

食器を落としたり、濡れた食品の水が垂れて床が汚れる恐れがあるため、塩ビシートなどで対策をとる必要があります。

 

U型キッチンは、振り返る頻度が高いタイプなので、お子さんの様子を逐一チェックしたい方には不向きです。

 

I型・L形でシンクをリビング・ダイニングに向けるレイアウトのほうが斑点の手間がかからずよいでしょう。

 

 

 

U型キッチンの賢い選び方

 

キッチンメーカーには、TOTO、パナソニック、クリナップなどたくさんあります。

 

デザイン、機能性、使いやすさが異なりますので、
各キッチンの特徴を比べたいですよね。

 

でも、1社ずつカタログや見積もりを請求するのは手間がかかります。

 

そこで、リフォームの一括見積もりサイトが有効です。

 

リフォームの一括見積もりサイトを利用すると、
一度でカタログと見積もりを取り寄せられます。

 

一度で複数社に要望を伝えられるので、
毎回イチから説明する労力がかかりません。

 

要望を入力したら、対応可能な業者から連絡があります。

 

自分でイチからさがす手間がはぶけるので超がつくほど便利なわけです。

 

取り寄せたカタログと見積もりを
自宅で比較してみるとよいですね。