人気記事ランキングトップ3!

キッチン天板はステンレスと人工大理石のどっちがいい?

 

キッチン天板をステンレスと人工大理石のどちらにするか悩みますよね?

 

 

ズバリ!キッチンを長年、問題なく使い続けたいならステンレス、
来客が多くインテリアにこだわるなら人工大理石がおすすめです。

 

 

キッチン,天板,ステンレス

 

キッチン,天板,人工大理石

 

 

 

ステンレス・人工大理石の天板のメリット・デメリット

 

 

キッチン天板のステンレスと人工大理石のメリット・デメリットを解説します。

 

 

ステンレス天板のメリット・デメリット

 

ステンレス天板のメリット・デメリットを解説します。

 

メリット デメリット

・水や熱、サビに強い
・汚れにくい(抗菌作用にも優れている)
・お手入れがしやすい
・臭いがつきにくい
・表面加工で見え方がちがう
・流し(シンク)とのシームレスな接合
・人造大理石(人工大理石)の天板に比べて安い

・高級感がない
・もらいサビがつく
・こびりついた汚れを落としにくい

 

毎日のように調理をしているレストランの厨房で
使われているのもほとんどがステンレスです。

 

 

お手入れや衛生面を考えればステンレス一択ですね。

 

 

 

人工大理石天板のメリット・デメリット

 

人工大理石天板のメリット・デメリットを解説します。

 

メリット デメリット

・色やデザインが豊富
・インテリアの一部となる
・表面がフラットなので拭き取りやすい

・熱に弱い
・重いものを落とすと割れる
・経年劣化で黄ばむ
・クレンザーで磨くと白く変色する
・傷がつきやすい
・もらいサビがつきやすい
・シンクとの継ぎ目から劣化する
・燃えた場合、一酸化炭素が発生する

 

マメにお手入れができる方には人工大理石も魅力的です。

 

 

インテリア性もありますので、来客が多い家庭であれば
人工大理石の天板を取り入れても良いですね。

 

 

 

キッチン天板のステンレス・人工大理石を比較

 

 

人工大理石は割れやすいと思うかもしれませんが、
割れるほどの衝撃であればステンレスでもへこみます。

 

 

使い勝手を重視するなら断然ステンレスです。

 

 

しかし、好きなデザインの人工大理石がある場合は、
マメなお手入れを覚悟のうえで人大にするのもありですね。

 

 

キッチンを取り付けるのは人生でも一度、
あるいは数回程度しかありませんので、
後悔しない選択をおすすめします。

 

 

 

ステンレス・人工大理石の選び方!こんな人におすすめ!

 

 

ステンレス・人工大理石はこの基準で選ぶとよいですね。

 

 

キッチン,天板,ステンレス

 

キッチン,天板,人工大理石