人気記事ランキングトップ3!

台所の下水からボコボコ音がする3つの原因と対処法を徹底解説!

台所の下水からボコボコ音がする3つの原因と対処法を徹底解説

 

台所の下水がボコボコ音がしているとなんだが気持ち悪いですよね?

 

実は、ボコボコ音は異常な現象ではありません。

 

洗い桶に水をためて一気に流すなど、大量の水が一気に勢いよく流れていくと、どうしてもボコボコ音が出てしまうからです。

 

ただ、小さかったボコボコ音がいきなり大きくなった状態でそのままにすると、給湯器が傷んで故障する危険性があります。

 

ここでは台所の下水からボコボコ音がする原因と対処法を解説していますのでぜひご覧ください。

 

 

台所の下水からボコボコ音がする3つの原因

台所の下水からボコボコ音がする3つの原因

 

台所の下水からボコボコ音がする原因は、空気と一緒に水が流れていくからです。

 

上の階の人が水道を流したときに下の階でも鳴ることがあります。

 

  • はじめからボコボコと音がする場合

    →排水管が細い

  • 最近になってボコボコと音がする場合

    →排水管の汚れがたまって排水管が細くなっている

  • 給水管からハンマーで叩いたような音がする場合

    →水道管の圧力が急激に変化している

 

給水管からハンマーで叩いたような音がすることをウォーターハンマー現象といいます。

 

そのままにすると、水圧の衝撃を受けて給湯器が傷んで故障します。

 

水撃防止器を購入して取り付けてみたり、水を出すときに栓をゆっくりひねることで対策するとよいですね。

 

故障した古い給湯器や洗濯機は買い替えも検討しましょう。

 

専門業者に相談して、水道管の中の圧力が急激に変化しないように対策をするわけです。

 

 

台所の下水がボコボコ音がするときの対処法

台所の下水がボコボコ音がするときの対処法

 

排水管は使っていると汚れが蓄積しますので、定期的にお掃除して配水管がつまらないようにしましょう。

 

普段から詰まりそうなものを配水管に流さないことも大切です。

 

油は油を固める薬品で固めてから燃えるゴミに出すなど、できるだけ詰まりそうなものを流さないだけでも、排水管の汚れを予防できます。

 

排水管からのボコボコ音が構造的な問題による場合は、水道管・排水管を取り替えるしかありません。

 

水道管や排水管が細ければ細いほど、水を流すときに水圧がかかり、ボコボコ音がなりやすいです。

 

水道管・排水管が細いと、少しの汚れでも水の流れが止まり、ボコボコ音の発生原因につながっていきます。

 

排水管の汚れは、パイプ掃除の薬品を使うか、パイプ掃除グッズできれいになります。

 

普段から40〜50度のお湯を流して、油がこびりつかないようにするのも対策によいです。

 

こびりついた汚れは、高圧洗浄機に付属のアタッチメントを取り付けて、高圧で汚れを洗い流します。

 

たくさんの汚れがこびりついていると、家庭用の高圧洗浄機ではなく、専門業者の持っている高圧洗浄機で洗浄してもらうのがベターです。

 

排水管は、5年に1回程度、高圧洗浄をすると汚れが溜まりすぎずに済みます。

 

 

台所のボコボコ音を予防する方法

台所のボコボコ音を予防する方法

 

小さかったボコボコ音がいきなり大きくなってきたら注意が必要です。

 

排水管が細くなっていて、水の流れが悪くなっているせいかもしれません。

 

排水管の汚れは目につきませんので、気がついた頃には相当溜まっていることもあります。

 

マンションやアパートの場合で、排水管から音がして気になる場合は管理組合に相談しましょう。

 

施工ミスということもありえるからです。

 

排水管内部の機密性が高すぎて音がなっている状態もあります。

 

原因が故障でも汚れでもなくても、通気口をつければ排水時のボコボコ音が気にならなくなります。