人気記事ランキングトップ3!

ペニンシュラ型キッチンのメリット・デメリット

キッチンリフォーム,費用,ペニンシュラ型,メリット,デメリット

 

ペニンシュラ型キッチンは、半島のように片側が壁付けされている対面式のタイプです。

 

ほかのタイプと比べて機能面や使いやすさが異なります。

 

I型、U型、L型、アイランド型と比較する場合は下記のページを見てみてください。

 

 

今からペニンシュラ型キッチンのメリット・デメリットをご紹介します。

 

 

ペニンシュラ型キッチンのメリット

 

  • コミュニケーションがとりやすい
  • 横の壁でアイランドキッチンよりも油汚れに強い
  • アイランドキッチンより間取りの制約が少ない
  • 換気扇を選びやすい

 

ペニンシュラ型キッチンは対面式となるため、
料理をしながらリビングにいる家族や友人と会話を楽しむことができます。

 

小さいお子さんがいても様子をみながら
食事の準備ができるのも安心ですね。

 

アイランドキッチンでは油が四方に
飛び散ってしまうため、お掃除が大変です。

 

ペニンシュラ型キッチンであれば、
横に壁があるので油汚れをすぐ拭き取ることができます。

 

正面にガラスの仕切りを設けると、
開放感を保ちながら料理ができます。

 

アイランドキッチンは両サイドを壁から離して
通路を確保するため、広いスペースが必要になります。
間取りを自由に決められないわけです。

 

ですが、ペニンシュラキッチンは片側に通路を確保するだけですので、
いろんな間取りに適用させやすくなります。

 

片側が壁に面しているため、
換気扇の種類が豊富で好みのものを選びやすくなります。

 

 

ペニンシュラ型キッチンのデメリット

 

  • 収納スペースが不足しやすい
  • リビングに臭いや煙が広がりやすい
  • 調理スペースが丸見えになる

 

壁に接しているI型やL型キッチンの場合、
キッチン台の下の収納のほか、
上部にも収納スペースを設けることができます。

 

しかし、ペニンシュラ型キッチンは上部に
収納スペースを設けると、開放感が失われてしまいます。

 

大きな収納スペースがほしい方は、
L型キッチンなどと組み合わせたり、
背後にパントリーを設けるとよいですね。

 

ペニンシュラ型キッチンは開放感なものの、
リビングやダイニングにキッチンから臭いや煙が広がりやすいです。

 

窓をキッチンの近くに設けたり、
コンロの前に仕切りを立てて対応するとよいですね。

 

ペニンシュラ型キッチンは調理スペースが丸見えなので、
来客が多くて気になる方には不向きです。

 

ただ、目隠しとなるように、シンクや調理スペースの前に
高さを利用したカウンターを設置して対処できます。

 

ダイニングへ配膳するための準備スペースになったり、
軽く食事をするためのカウンターにすることも
できるなど使い方のバリエーションが増えます。

 

リクシル社の「ガスコンロ前用ガラス」を使って目隠しするのも有効です。

 

視界が広がるハーフタイプと、
しっかりカバーできる全面タイプの2種類があります。

 

まめに拭き掃除ができる場合は、
透明タイプを選べばオシャレで開放感も演出できますね。

 

 

ペニンシュラ型キッチンを賢く選ぶ方法

 

ペニンシュラ型キッチンを賢く選ぶには、実際に体験してみることが大切です。

 

ショールームや展示会では使用感を把握するのに限界があります。

 

そこで、キッチン体験会に参加すると、
実際にキッチンを使っている感触がつかみやすくなるのでおすすめです。

 

どのキッチンメーカーに頼もうか
まだ決めかねている場合は、
1社ずつ見学するのは大変です。

 

そんなときに役立つのが、リフォームの一括見積もりサイトです。

 

リフォームの一括見積もりサイトを利用すると、
一度でカタログと見積もりを取り寄せられます。

 

キッチン体験会の招待も受けられますので、
わざわざ日付や場所を自分から問い合わせる必要がありません。

 

時間がない方でも自宅にいながら各社を比較することができます。

 

キッチンメーカーに依頼するより、
リフォーム会社に頼んだ方が通常価格よりも安くなることが多いので、
利用を検討してみるとよいですね。